自己破産をすると海外旅行には行けないの?

自己破産をすると一生普通の生活は送れない。。。みたいなイメージを持っている人も多いみたいですね。でも、実際には全然そんなことはなくて、私も自己破産を経験していますが、普段の生活に困るようなことは全くありません。

 

 

自己破産について、色々とネガティブな噂がありますが、海外旅行ができないというのもそんな噂の一つですね。自己破産で海外旅行が制限されるケースもあるにはあるのですが、本当にごく一部のレアケースです。どんな場合に海外旅行が制限されるのでしょうか?

 

 

 

海外旅行が制限されるのは管財事件の手続き中のみ

 

自己破産には同時廃止管財事件があります。破産を申し立てた人に財産・資産がない場合は破産手続開始決定と同時に破産手続きを終結する決定がなされます。(同時廃止

 

 

不動産や車、預貯金、有価証券などの財産がある場合は管財事件になり、破産管財人が選任されて、財産がどれだけあるのか調査をして売却をして債権者に不公平にならないように現金が分配されます。

 

同時廃止と管財事件についてはこちらの記事を読んでみてくださいね。
二つの自己破産手続き〜同時廃止と管財事件

 

 

管財事件では調査・売却・分配などが行われるために、破産手続きの開始から終了まで半年から1年ぐらいかかることもあるそうなんです。結構長い期間がかかるんですね。

 

 

管財事件の手続き中には海外旅行はできません。管財事件になるということは、資産があるということなので、「隠す」などの行為ができないように海外旅行が制限されています。でも、裁判所の許可があれば、海外旅行もできるようです。

 

 

自己破産をする人の約90%は同時廃止なのだそうです。私も財産も何もないので同時廃止でした(^_^;f 海外旅行ができないのは、残り10%の管財事件のうちの手続き中のみなので、ほとんどの人には関係ないのかな、、、と思います。

 

 

また、「自己破産をしたらもう一生海外旅行はできない」なんて勘違いをしている人もいるかもしれませんが、そんなことはありませんからね。何度も言いますが、海外旅行ができないのは管財事件の手続き中のみです。手続きが終われば管財事件であっても海外旅行に行くことは可能ですよ。

 

 

ですから「破産する前に海外旅行に行って散財しておこう」なんて間違っても考えないでくださいね。免責不許可事由に該当して、免責が認められないこともありますよ。

 

免責不許可事由についてはこちらの記事を読んでみてくださいね。
破産したのに借金が残る?免責不許可事由とは

パスポートはどうなるの?

パスポートについても色々な噂があるようですね。

 

自己破産をするとパスポートを取得することができなくなるの?

 

自己破産でパスポートの取得が制限されることはありません。パスポートは法律用語では「旅券」といい、パスポートの効力や発行については旅券法という法律に定められているそうです。

 

 

旅券法13条ではパスポートの発給が禁止・制限されるケースについて以下のように定められています。

 

  • 渡航先の法律によりその国に入る資格がない者
  • 死刑、無期懲役、長期(2年以上)の刑により逮捕・拘留されている者
  • 禁錮刑以上の刑に処され、執行中もしくは執行猶予中
  • パスポートの偽造をした者、偽造未遂をした者
  • 旅券の発給によって国益を害すると外務大臣に認定された者

 

 

 

犯罪に関係した場合にはパスポートを取得できないことがあるのですが、自己破産は犯罪ではないので問題なくパスポートを取得することができますよ(*^_^*)

 

 

また、「自己破産をした」ということがパスポートに記載されることはありませんし、今持っているパスポートが使えなくなったり没収されるなんてこともありませんから安心してくださいね。

まとめ:自己破産で海外旅行ができない場合とパスポートの噂あれこれ

 

自己破産で海外旅行の制限があるのは管財事件の手続き中のみ

 

管財事件は自己破産のうちの約1割。ほとんどの人は無関係

 

「自己破産をしたら一生海外旅行に行けない」なんてことはない

 

自己破産でパスポートの取得が制限されることはない

 

自己破産をしたことがパスポートに記載されるということもない

 

自己破産をするとパスポートが失効したり没収されるということもない

 

 

 

もし、海外旅行やパスポートのことが不安で自己破産はできないと考えていたのなら安心してください。根も葉もない噂です。

 

 

自己破産ってほんとに日常生活を送る上でのデメリットはないと思います。少なくとも私はデメリットを感じていないです。

 

 

それに、自分では「自己破産しかない」と思い込んでいても、弁護士さんに相談してみると他の債務整理の方法で借金問題が解決するかもしれません。弁護士さんって、そんなに怖いものじゃないですよ(*^_^*)思い切って相談してみましょう。

関連ページ

自己破産とは?自己破産のメリットとデメリット
債務整理というと一番初めに頭に浮かぶのが自己破産ではないでしょうか?借金が帳消しになるという大きなメリットがある反面、デメリットもあります。また、自己破産については誤解されていることもたくさんあります。そんな自己破産のホントのメリットとデメリットについて、自己破産経験者の管理人が解説します。
自己破産できないこともある?支払不能状態とは
自己破産は誰でもできるわけではありません。裁判所に「支払不能」と認められる必要があるのですが、「支払不能」とはどういう状態のことなのでしょうか?
自己破産手続きの流れ
自己破産手続の流れについて書いています。
二つの自己破産手続き〜同時廃止と管財事件
自己破産の手続は「同時廃止」と「管財事件」の2つの手続きがあります。「管財事件」とはどういう手続で「同時廃止」とはどういうものなのでしょう?
破産者が受ける制限・不利益とは?
自己破産をして破産者になるといくつか制約を受けることになります。どんな制限をいつまで受けるのか、破産者の受ける制約や不利益について説明しています。
破産したのに借金が残る?免責不許可事由とは
自己破産をしても免責が許可されないと借金はなくなりません。免責が許可されない免責不許可事由と、免責不許可事由に該当しないために気をつけなければいけないことをまとめました。
自己破産で税金は?養育費は?非免責債権とは
自己破産で免責が認められると滞納している税金や健康保険、年金、それに慰謝料や養育費も払わなくてもよくなるのでしょうか?免責が確定しても支払わなければいけない非免責債権について書いています。
自己破産申立の必要書類と取得方法
自己破産の申立にはたくさんの提出書類が必要です。どんな書類が必要なのか、またどこで取得できるのか、書類の取得場所や取得方法についても説明しています。
自己破産後の携帯電話(スマホ)機種変更で分割払いOKだった体験談
債務整理をしたら携帯電話の機種変更の際、スマートフォン・iphoneなどの端末本体の分割払いの審査には通らないのでしょうか?自己破産後に分割購入ができた管理人の体験から分割購入ができるケースとできないケースについて考えてみたいと思います。
自己破産で銀行口座凍結ってどういうこと?
自己破産をすると銀行口座は凍結されると聞いたのですが、口座の凍結ってどういうことなんでしょう?口座凍結で困ること、凍結が解除されるにはどのくらいの期間がかかるのか、また口座が凍結されて慌てないためにはどうすればいいのかについて調べてみました。
自己破産で残るもの〜身ぐるみ剥がれるわけじゃない?
自己破産をすると借金がなくなる代わりに何もかもを失ってしまうというイメージがあるかもしれません。でも、意外と残せるものがたくさんあったりするんです。このページでは自己破産しても残せるものについて書いています。
少額管財は予納金が少額でOK!利用できる要件は?
自己破産のことを調べていると「少額管財」という言葉をよく目にします。少額管財とはどんな手続なのか、管財事件との違いは?利用するための要件などを調べてみました。
同時廃止?管財事件?自己破産の振り分け基準
自己破産には管財事件と同時廃止の二つの手続きがあります。ざっくりいうと、財産があれば管財事件で財産がなければ同時廃止なのですが、振り分けの基準について調べてみました。