特別送達とは?

借金を滞納していて債権者から訴えられると裁判所から訴状支払督促などが郵便で届きます。これらの郵便物は特別送達と書かれた封筒に入っていて、配達は手渡しで受取の印鑑も必要です。

 

 

特別送達とは、裁判所が利用する特別な書留郵便で、いつ、誰が裁判所からの通知を受け取ったのか記録されます。

 

 

一般的な書留郵便やゆうパックなどと同じように、留守の場合にには「不在連絡票」がポストに入っています。期限内に電話やインターネットで再配達の日時を指定して受け取ることになります。

 

 

特別送達は裁判所だけが利用することができる郵送の方法なので、受取を拒否することはできません。これは法律で決まっていて、本人だけではなく、同居の家族なども受取を拒絶することはできないのだそうです。

 

 

 

余談ですが、特別送達ではなく普通の郵便物の場合は受け取りを拒絶することができるんですって。例えば架空請求やイタズラなど、迷惑な郵便物は、「受取拒絶」と書いて押印か署名をしたメモ、付箋などを貼って、配達の人に渡すか、ポスト投函、または窓口へ持参するといいそうですよ。

 

 

 

特別送達の場合はそうした一般郵便物のような「受取拒絶」ができない、ということですね。では、それでも頑(かたく)なに「絶対に受け取りません!」と受取を拒絶した場合はどうなるのでしょう?

 

 

その場合は配達担当の人はその場に置いていくことができるようです。これを差置送達(さしおきそうたつ)といって、受取の印鑑やサインがなくても送達が完了します。

居留守を使ったらどうなるの?

居留守を使って特別送達を受け取らなかった場合にはどうなるのでしょう?

 

 

居留守なのか本当に留守なのかは配達の人にはわからないので、不在連絡票がポストに入ります。1週間ぐらいの期限があって、普通はその間に都合の良い日時を連絡して再配達をお願いするのですが、連絡せずにそのまま放置すると裁判所に返送されます。

 

 

債権者は、再度 郵送を裁判所にお願いするために、裁判所に「再送達の上申」の手続きをします。一度戻ってきているので、曜日や送り先などを次のように指定して裁判所に依頼をします。

  • 平日に届くように特別送達で送る
  • 休日に届くように特別送達で送る
  • 勤務先に特別送達で送る
  • 裁判所の執行官に持って行ってもらう

 

最初の送達が平日だった場合、休日か勤務先に送られてくる可能性が高いです。勤務先に裁判所からの特別送達なんて、困りますよね。。。^_^;放置なんかしないで最初に受け取っておくほうがよさそうです。

再送達でも届かない場合は?

再送達をしたのにまた返送されて裁判所に戻ってきた場合、付郵便送達という方法を利用することができます。付郵便送達とは、正式には書留郵便に付する送達といい、発送された時点ですでに相手に送達されたものとみなす制度です。

 

 

付郵便送達が使えるのは債務者が送った住所に住んでいるのに居留守などで受け取らない場合です。ですから、債務者がその住所地に住んでいるという調査報告書を裁判所に提出する必要があります。

 

 

実際に住んでいるかどうかを現地調査するのですが、報告書は裁判所に所定の書式があり、次のような調査項目があります。

  • 表札の有無
  • 電気・ガスのメーターが動いているか
  • 郵便が溜まっていないか
  • 大家さんの聞き取り

など

 

調査の結果、電気やガスのメーターが動いているなど、実際にそこに住んでいると考えられる場合には、裁判所から付郵便送達が認められます。

 

 

調査の結果、もうそこには住んでいないということがわかった場合には付郵便送達は使えません。その場合には、住民票や戸籍の附票から転居先を調べます。

 

 

「そんな個人情報教えてくれるの?」と思ったのですが、債権回収は正当な理由として認められるそうです。裁判所の訴状などを提示すれば住民票や戸籍の附票の請求もできるようです。

 

 

住民票などから新しい住所がわかれば、新しい住所地への再送達を裁判所に上申します。新しい住所もわからず行方不明の場合、公示送達という方法を利用します。

 

 

公示送達とは、行方不明などで訴状や差押命令などを送達できないときに裁判所に一定期間掲示することで送達されたものとみなす制度です。

 

裁判所の入り口の掲示板などに、原告、被告の名前、「送達するべき書類を書記官室で保管していますので、出頭して受け取ってください。」というようなことが書かれた紙が掲示されるそうです。訴状などがそのまま貼られる訳ではないんですね^_^;

 

 

公示の日から2週間が経過すると、送達されたこととみなされます。

 

 

ちなみに支払督促の場合は公示送達はできないそうです。支払督促が送達されて、その後仮執行宣言付支払督促を送ったときに転居先不明で戻ってきた場合は最初の支払督促が送達されているので公示送達が使えるそうですよ。

まとめ:逃げても同じ!裁判所からの通知は必ず送達される

特別送達とは、裁判所が利用する特別な書留郵便で、受取を拒絶することはできない。

 

もし居留守を使ったら…
不在連絡票が入る

 

放置すると裁判所に返送される

 

勤務先に再送達されることもある

 

それでも受け取らなかったら
付郵便送達⇒発送した時点で送達されたものとみなされる

 

受け取らなくても受け取ったものとして手続きは進んでいくので、早く受け取って最善の策を考えましょう。裁判所沙汰になってしまったら弁護士さんに相談するのが一番の解決策だと思いますよ(*^_^*)