債務整理をしても今の携帯電話をそのまま使い続けられる?

今や携帯電話、スマートフォンは生活必需品。債務整理したら今使っている携帯はどうなるのか、気になりますよね。解約しないといけないの?それとも今まで通り使い続けてもいいのでしょうか?

 

 

ちなみに私は自己破産してるんですけど、携帯電話は解約になったり回線を止められたり、携帯没収なんてことも一切なく、そのまま使い続けていました。

 

 

でも、料金に未払いや滞納がある場合や携帯電話やスマホの本体(端末代)を分割で購入している場合など、債務整理をしたら今使っている携帯は使えなくなってしまう場合もあるみたいなんです。

 

 

私のように自己破産しても携帯電話をそのまま使い続けられるケースと、債務整理をして携帯電話が使えなくなってしまうケースではどんな違いがあるのか調べてみました。

 

 

 

携帯電話やスマホの本体(端末代)を分割で購入している場合

 

最近のスマホ本体代、めっちゃ高くないですか〜?こんなに高くなると分割で購入している人がほとんどじゃないかなぁと思います。この端末代金なんですけど、分割購入していて残債が残っていると「借金」ということになってしまうんですって。

 

 

ですから、分割払いの端末代金がまだ残っていて、携帯電話をそのまま使い続けたい場合、整理する借金を選ぶことができる任意整理特定調停なら携帯料金は整理する借金から外して今まで通り払い続けることで、今使っている携帯電話をそのまま使い続けることができます。

 

《参考記事》
任意整理とは?任意整理のメリットとデメリット
特定調停とは?特定調停のメリットとデメリット

 

 

一方、自己破産個人再生の場合は整理する借金を選ぶことができません。ですから端末代金の残債がある場合は強制解約となってしまうこともあるようです。

 

《参考記事》
自己破産とは?自己破産のメリットとデメリット
個人民事再生とは?破産しないで借金を大幅減額

 

 

ただ、弁護士さんによっては「毎月の携帯電話の通信料金と一緒に支払いをしていて数千円程度なら、端末代金は借金に含めないでも大丈夫で、そのまま支払いを続けていけば良い」という考えの方もいらっしゃるようです。

 

 

このあたりは月々の支払額や残債がどのくらい残っているのかなどでも違ってくるみたいです。個人では判断が難しいので、債務整理に詳しい弁護士さんに相談するのがいいと思います。

 

 

 

未払い料金、滞納がある場合

 

携帯電話やスマホは、支払期限を過ぎるとまず「利用停止」になって回線が止められ通話ができなくなります。利用停止後も料金の支払いをしないで滞納のままにしておくと「強制解約」になってしまいます。

 

 

支払期限からどのくらいの期間で利用停止や強制解約になるのか調べてみました。

 

《ドコモの場合》
支払期限から約1ヶ月で利用停止、支払期限から約2ヶ月で強制解約

 

《ソフトバンクの場合》
支払期限から約2週間で利用停止、支払期限から約3ヶ月で強制解約

 

《auの場合》
支払期限から約3週間で利用停止、支払期限から約3ヶ月で強制解約

 

 

調べてみてちょっとびっくりしたんですけど、どの携帯電話会社も支払期限から利用停止までの期間ってこんなに短いんですね^_^;

 

 

逆に「今も普通に携帯電話を使えてるよ〜」という人は、きちんと支払期限までに支払いをしているか、支払期限を過ぎても利用停止になる前に支払いを済ませている、ということだと思います。

 

 

未払い、滞納料金を放置しておくと債務整理をする、しないにかかわらず、2〜3ヶ月で強制解約になってしまいます。いったん強制解約になってしまうと、今後、携帯電話の契約をすることが難しくなってしまうのだそうです。

 

 

携帯電話を持つには家族名義で契約してもらうなどの方法がありますが、自分名義じゃないと何かと不便なこともあるかもしれません。もし今、利用停止中だったり、次の支払い苦しいな…という人も遅れながらでも携帯料金は支払ったほうがいいかもしれませんね。

 

 

 

自己破産しても携帯電話をそのまま使い続けることができたケース

私が自己破産をしても携帯電話をそのまま使い続けることができたのはどうしてなのでしょう?

 

端末の分割代金がなかった

 

私が自己破産をしたときにはガラケーで、借金の返済に追われてお金もなかったので「実質ゼロ円」の端末でした。

 

「実質ゼロ円」であっても、実際には分割購入で、毎月の端末代を携帯電話会社のサービスで補填してくれるという形だったと思うのですが…^_^;

 

私の担当弁護士さんは携帯電話の料金に関してはそんなに詳しいことも聞かれず、弁護士さんにお願いしてからも、電気代やガス代と同じように毎月支払っていました。

 

 

未払い・滞納がなかった

 

携帯料金は口座振替にしていました。給料日が25日、携帯料金の引落しが月末で、お給料日から引落しまでの期間が短かったため、いつもきちんと引落しができていました。

 

まとめ:債務整理をしても携帯電話を使えるケース、使えないケース

債務整理をしても携帯電話を使えるケース、使えないケースをまとめると

 

債務整理をしても今使っている携帯電話を使える場合
携帯電話・スマートフォンの本体を分割購入していないか、分割で購入していても支払いが終わっている

 

料金の未払い・滞納がない

 

 

今使っている携帯電話・スマホが使えなくなるのは
携帯電話の端末を分割払いにしていてまだ残債がある場合で、残っている金額を借金として債務整理をした場合

 

任意整理・特定調停の場合は整理する借金を選べるので、端末代金は整理する借金に含めないで支払いを続けることで今まで通り携帯電話・スマホを使うことができる

 

料金を滞納すると、債務整理をする、しないにかかわらず、支払期限から2〜3ヶ月で強制解約になってしまう。

 

端末の代金が残っていても、金額や月々の支払額によっては債務に含まなくてもよいという弁護士さんもいるので債務整理に詳しい弁護士さんに相談するのがベスト。

 

 

「債務整理をしたら今使っている携帯電話(スマホ)が使えなくなるのかなぁ。。。仕事に必要なのに困るなぁ。。。」と思って債務整理をするのをためらっているのだとしたら、悩んでいても借金で苦しい状況は変わらないですよ^_^;早めに弁護士さん相談しましょう。