グレーゾーン金利のからくり

債務整理をするには、まず最初に利息の引き直し計算をして借金の額を正確に把握する必要があります。

 

引き直し計算後の借金の金額と、毎月払っていける金額やその他のいろいろな事情を考慮しながらどの方法で債務整理手続きを進めていくのかを決めることになります。

 

 

その、債務整理では必ず耳にする引き直し計算とはどういうことなのでしょうか?

 

 

利息について定めている法律には利息制限法出資法があります。そして、それぞれの法律で定められている利息の上限が違っているのです。

 

利息制限法では貸主が付けてもよい利息の上限を元本の金額ごとに定めています。

 

10万円未満⇒20%
10万円以上100万円未満⇒18%
100万円以上⇒15%

 

しかし、出資法の上限利率は金額に関係なく29.2%だったのです。

 

利息制限法では定められた上限利率以上の利息は認められず、無効になるとされています。にもかかわらず、多くの貸金業者は出資法の上限利率である29.2%の利息を付けていました。

 

なぜそんなことが可能だったのでしょう?

 

利息制限法の利率を超過して貸付をしても罰則規定がなかったのです。

 

出資法の上限金利を超えて貸付をした場合には「5年以下の懲役または1000万円以下の罰金」という刑事罰の対象になります。

 

罰則規定がなかったためにほとんどの貸金業者は利息制限法の上限利率を守らないで罰則規定のある出資法の上限金利を設定していました。

 

この出資法上の29.2%と利息制限法の利率との間にできてしまった差額の金利をグレーゾーン金利といいます。

 

数年前はよくニュースにもなっていましたよね。

 

多重債務者の増加が社会問題となり、国会でも取り上げられるようになりました。その頃は私も多重債務者だったんですけどね…(汗)

 

グレーゾーン金利の撤廃も含め、貸金業者の業務に関する法律である貸金業法が改正されることになります。

 

平成18年(2006年)12月に国会で全会一致で可決、成立し、平成22年(2010年)6月18日に改正貸金業法が施行されています。

 

 

改正貸金業法では出資法の上限利率が29.2%から20%に引き下げられました。また、利息制限法の上限利率を超過して貸付をした場合、行政処分の対象となるように変更されました。

 

 

貸金業法の改正点についてはこちらの記事で詳しくまとめていますので参考にしてくださいね。

引き直し計算をしてみると…

改正貸金業法が施行されてからはグレーゾーン金利は撤廃されました。でも、長期間借りては返しを繰り返している場合、引き直し計算をすることで大幅に借金が減ったり、過払い金が発生していることもあります。

 

実際に引き直し計算をするとどれくらい差が出るのか、計算してみましょう。

 

利息額=元金×利率÷365×日数

 

元金100万円を借りたとして、1年間の利息は

 

利率29.2%の場合
100万円×0.29÷365×365=290,000円

 

1年間に29万円以上の返済をしないと元金はまったく減らないことになります。

 

利率15%の場合
100万円×0.15÷365×365=150,000円

 

29万円の返済をした場合、利息は15万円ですから、14万円は元金の返済に充てられ、元金は86万円となります。

 

次の年は元金86万円に対しての利息ですから
86万円×0.15÷365×365=129,000円

 

仮に、1年間に29万円ずつ、5年間返済をしたとすると、下の表のようになります。

 

利率29.2%の場合

借入金額 返済額 利息 元金返済額 残元金
1年目 1,000,000 290,000 290,000 1,000,000
2年目 290,000 290,000 1,000,000
3年目 290,000 290,000 1,000,000
4年目 290,000 290,000 1,000,000
5年目 290,000 290,000 1,000,000

 

利率15%の場合

借入金額 返済額 利息 元金返済額 残元金
1年目 1,000,000 290,000 150,000 140,000 860,000
2年目 290,000 129,000 161,000 699,000
3年目 290,000 104,850 185,150 513,850
4年目 290,000 77,077 212,923 300,927
5年目 290,000 45,139 244,861 56,066

 

利率29.2%では元金はまったく減らないのに対して、利率15%では5年目には残元金は56,066円にまで減っています。このまま6年目、7年目と支払いを続けると過払い金が発生することになるのです。

 

 

実際には返済日は毎月あったり、もっと複雑な計算になるのですが、利率が29.2%と15%とではこのぐらい差がでてしまうということですね。

 

 

借りるときは切羽つまっているのでなかなか利率のことまで考えられなかったんですけど、こうして考えると利息ってホント、ばかにならないんですよね。。。(汗)

 

引き直し計算で借金の額が激減することもあります。早めに弁護士さんや司法書士さんに相談をしてみましょう。