借金の額を正確に把握する

債務整理をすると決めたら、まず最初にすることは借金の額を正確に把握することです。

 

例えば、

 

A社は借入枠いっぱい借りているから50万

 

B社はあと3万円借りられるから27万

 

C社も限度額いっぱいで100万円
   :
   :


手元の明細などから判断して、こんな風に考えていませんか?

 

 

これは貸金業者の言い分で、実際の借金はもっと少ない場合もあるんです。

 

 

特に最初の取引から5年、10年と借りては返しを繰り返している場合、返すべき借金はもうとっくに返済し終わって払わなくてもいいお金を払い続け、過払い金が発生しているかもしれません。

 

 

毎月の返済額の中には元本と利息が含まれています。その利息が問題なのです。借金の利息を決める法律には利息制限法出資法があります。出資法の利息は利息制限法よりも高い利率です。

 

 

数年前まで、たいていの貸金業者は利率が高い出資法の利息を使っていました。これを利息の低い出資法の利息で計算し直します。(引き直し計算

 

引き直し計算についてはこちらで詳しく説明しているので参考にしてくださいね。

 

 

引き直し計算をして残った金額が本来返すべき借金の額なのです。また、返しすぎているという場合もあります。その返しすぎたお金が過払い金と呼ばれるものです。

利息の引き直し計算と弁護士(司法書士)に依頼するメリット

正確に引き直し計算をするには「最初に借り入れをした年月日と金額」、その後の借り入れと返済すべての年月日と金額が必要になります。

 

 

業者から送られてくる明細をすべて保管してる人もいるでしょうけど、もしかしたら抜けがあるかもしれません。正確に把握するためには業者に全ての取引明細を送ってもらうように依頼することになります。

 

 

そして取引明細を元に引き直し計算をするのですが、個人では大変な作業です。引き直し計算のためのフリーソフトなどもあるみたいですけど、入力するだけでも大変だと思います。

 

 

ここはやはり、弁護士などの専門家に頼むのが一番です。取引明細を送ってくださいという開示請求から利息の引き直し計算まですべてやってもらえます。

 

 

それに何より、弁護士や司法書士に依頼して正式に契約をすると、各債権者宛に「受任通知」が送付されます。受任通知が送付されると一切の請求がいったんストップするんです。

 

 

受任の段階で債務整理の方法が決まっていなくても、弁護士や司法書士が介入したということで、その後の借金についての話はすべて弁護士さん(司法書士さん)を通さなくてはいけません。

 

 

督促の郵便も電話も、一切なくなるんです。これって借金を抱えている身にとってはとてもありがたいことですよね。引き直し後の借金の額と、収入や状況によってどの方法で債務整理をするのかを話し合って決めていきます。

 

 

例えば、安定した収入があって3年程度で返済できそうなら任意整理、任意整理ではまだ厳しいようなら個人再生、それでも返せそうに無ければ自己破産…といった感じです。

 

 

実際にはもっと複雑な事情が絡んでいる場合もあると思いますので、そんな単純な話ではないです。過払い金が発生していても業者が返還に応じない時には裁判になることもあります。

 

 

持ち家かどうか、ローンはどれくらい残っているのか、車は仕事上手放せない、、、などなど、色々なケースがあると思います。包み隠さず全てを弁護士さん(司法書士さん)にお話しましょう。

 

 

あなたにとって、どの方法が一番いいのか、法律の専門家の立場でアドバイスをしながら親身に相談に乗ってくれます。

債務整理の手順と弁護士(司法書士)に頼むメリットをおさらい

債務整理の手順をまとめてみましょう。

  1. 貸金業者に取引明細の開示を請求する
  2. 取引明細に基づいて利息制限法で利息を引き直し計算する
  3. 引き直し計算で出た正確な借金の額を元に一番ふさわしい債務整理の方法を決める

 

チェック

弁護士・司法書士に債務整理を依頼するメリット

 

チェック

約定日が来ても返済をしなくてもよい

 

チェック

督促・請求がいったんストップする

 

チェック

ややこしい利息の計算もすべてやってもらえる

 

チェック

自分で貸金業者と話をしなくてもよい

 

チェック

法律の専門家として適切なアドバイスをもらえる

 

弁護士・司法書士に頼むとタダというわけにはいきません。もちろん費用はかかります。でも、費用よりもメリットのほうが断然大きいです。私は弁護士さんにお願いして本当に良かったと思っています。

 

 

弁護士さん、司法書士さんの費用や選び方についても解説していきますね。