ブラックリストなんて存在しない?

債務整理のデメリットとしてまず最初に思い浮かぶことはブラックリストに登録されることではないでしょうか。当サイトでも任意整理、個人再生、自己破産、特定調停、すべての債務整理手続きのページでデメリットとしてあげています。

 

 

でも、もしあなたがブラックリストに登録されることを恐れて債務整理をためらっているとしたら、ブラックリストというものをよく理解されていないのかもしれません。ブラックリストに登録されたからといって、生活していくうえでの影響はほぼありません。

 

 

ブラックリストとはどういうもので、どんなデメリットがあり、困ることがあるとしたらどういう時なのかをみていきたいと思います。

 

 

実は「ブラックリスト」という名前のリストが存在するわけではないのです。個人信用情報機関に記録されている、未払い、延滞、任意整理、個人再生、自己破産、特定調停などの事故情報のことがブラックリストと呼ばれているのです。

 

 

クレジットやローンの申込み、契約、支払状況、借入残高などの情報を信用情報といい、個人信用情報機関にはそれらの信用情報が集められています。貸金業者やクレジット会社は、申し込みがあるたびに信用情報を照会して契約するかどうかを判断しているのです。

 

 

貸金業者(アイフル・アコムなど)への新規の借り入れの申し込みやクレジットカードを申し込んだ時に、「審査に通る」とか「審査に落ちた」「審査が甘い」など「審査」という言葉をよく使いますよね。

 

 

クレジット会社や貸金業者は個人信用情報機関のデータを参考に、その会社ごとの判断基準で契約をする・しない、貸付金額や限度額をいくらに設定するのかを決めます。

 

 

こちらの記事にもあるように、貸金業法では総量規制によって個人が借りることができる額は年収の3分の1までと決められています。

 

 

個人信用情報機関にデータを集めることで

 

チェック 年収の3分の1を超えていないか?
チェック 支払いが遅れたり滞ったりしていないか?
チェック 無理な契約ではないか?
チェック 支払い能力はあるのか?

 

などをチェックして多重債務に陥ってしまうことを未然に防いでいます。

 

 

個人信用情報機関は、貸金業者にとっては貸しても返ってこない貸し倒れを防止することになり、消費者にとっては借り過ぎで生活が苦しくなり多重債務から借金地獄、そして自己破産と生活が破綻してしまわないよう保護する役割があります。

3つの個人信用情報機関

現在、個人信用情報機関は3つあります。

 

  1. 株式会社CIC(シー・アイ・シー)
  2. 株式会社日本信用情報機構(JICC)
  3. 全国銀行個人信用情報センター(全銀協)

 

CIC(シー・アイ・シー)とJICC(ジェイ・アイ・シー・シー)は、消費者金融、クレジット会社、信販系の会社が主に加盟しています。この二つは貸金業法と割賦販売法で指定信用情報機関として指定されています。

 

 

指定信用情報機関とは、内閣総理大臣によって指定され、貸金業法、割賦販売法に基づく登録業者は必ず加盟しなければいけないことになっています。

 

 

ちょっと難しい言い回しになってしまいましたが、要するに法律に従ってまっとうに営業している貸金業者はみんなCICとJICCに加盟していて、個人の借入れに関する信用情報の登録や審査の際に利用しているということですね。

 

 

貸金業法や指定信用情報機関についてはこちらの記事に詳しくまとめていますので目を通してみてくださいね。
貸金業法〜3つの改正点と債務整理に関する法律

 

 

貸金業者ではない銀行は全銀協(全国銀行個人信用情報センター)に加盟しています。

個人信用情報機関に登録されている情報

個人信用情報機関にはどのような情報が登録されているのかみていきたいと思います。

 

本人を識別するための情報

  • 氏名(ふりがな)
  • 生年月日
  • 性別
  • 郵便番号
  • 住所
  • 電話番号
  • 勤務先名
  • 勤務先電話番号
  • 公的資料番号等(本人確認のための免許書の番号など)

 

 

個人情報が勝手に登録されてるの?と疑問に思う人もいるかもしれませんが、決して勝手に登録しているわけではないんです。申込み書や契約書に「個人信用情報機関の利用および登録」についての記載が必ずあります。

 

 

契約書の裏って規約や約款が小さい字でたくさん書いてありますよね。その中に「個人信用情報機関の利用・登録に同意します」という項目があって、同意した上で契約をしたことになるのです。

 

 

 

契約内容に関する情報

  • 契約日
  • 契約の種類
  • 商品名
  • 支払回数
  • 契約額(極度額)
  • 契約終了予定日
  • 登録会社名等

 

支払状況に関する情報

  • 報告日
  • 残債額
  • 請求額
  • 入金額
  • 入金履歴
  • 異動(延滞、破産等)の有無
  • 異動発生日
  • 延滞解消日
  • 終了状況等

 

 

『異動』というと、普通は人事異動などを思い浮かべると思うのですが、この異動こそがブラックなのです。

 

 

未払い、延滞、任意整理、個人再生、自己破産、特定調停などが起きると支払状況に関する情報に『異動』と記載されます。「ブラックリストに登録される」というのは、個人情報機関の支払情報に関する情報に『異動』という文字があることなのです。

 

 

債務整理をすると、任意整理でも個人再生でも自己破産でも特定調停でも、どの手続を選んでも同じように『異動』が付く(ブラックリストに登録される)ことになります。

 

 

債務整理をしていなくても、未払いや延滞があると『異動』が付いてしまいます。ブラックリスト入りを恐れて債務整理を迷っていても、支払いが滞っているならもう既に『異動』が付いているかもしれません。

ブラックが消えるのはいつ?

『異動』が付いていれば金融ブラックということになるのですが、一度記載されると消えないというものではありません。一定の期間が過ぎると信用情報から『異動』の文字は消えます。

 

 

債務整理をして、『異動』が消える、すなわちブラックリストとして登録されている期間は以下のようになります。

自己破産 任意整理・個人再生・特調
CIC 免責決定から5年 支払い開始から5年
JICC 免責決定から5年 支払い開始から5年
全銀協 免責決定から10年 支払い開始から10年

 

 

支払いをしなければいけない任意整理・個人再生・特定調停の場合、支払い開始から一度も延滞や未払いを起こすことなく完済した場合は支払い開始から5年で『異動』が消えます。

 

でも、もし途中で延滞や未払いを起こしてしまった場合は完済から5年間『異動』の記録が残ったままになってしまいます。

 

 

そのことからも、任意整理や個人再生では毎月の支払額は無理なく支払いができる金額に設定することが重要ですね。

 

 

注意!消えないブラックもある

 

個人信用情報機関のブラック、すなわち異動情報は債務整理をすれば一定の期間が経過すれば消えます。でも、支払いをしないで何も手続きをしないままだと『異動』はいつまでたっても消えないで残っています。

 

借り逃げは許されないということですね^_^;

 

 

債務整理をすれば、ブラックもいずれ消える時が来ます。払えなくなったら、というよりもっと早く、支払いが苦しいなと感じだしたら弁護士や司法書士に相談しましょう。

 

 

そしてもう一つ、消えないブラックがあります。それは社内ブラックと呼ばれるものです。各金融会社はそれぞれの会社独自のブラックリストを作っていると言われています。

 

 

債務整理で借金が帳消しになったり減額して返済をした会社からは、もう二度と借金はできないと考えたほうがいいです。ただし、中には過去よりも現在の状態を重視して審査する会社もあるようですので、絶対とは言えません。でも大多数は一度トラブルがあったら貸してくれないと思っていたほうが無難だと思いますよ。

 

 

社内ブラックについては債務整理や未払いだけではなく、しつこいクレームなども対象になるようです。なんらかのトラブルがあった貸金業者やカード会社からは借金できないと考えたほうが良さそうです。

 

ブラックは本当にデメリット?

個人信用情報機関に『異動』が記載されて金融ブラックになると、クレジットカードを作ったりお金を借りることができなくなります。でもそれは債務整理をしようと考えている人にとって、本当にデメリットでしょうか?

 

 

 

ブラックリストに登録されることを恐れて、債務整理を先延ばししても、いずれどうしようもなくなる時がやってきます。延滞を繰り返しているとブラックリストに登録されてしまうのです。新しく借り入れができなくなることは生活を立て直すチャンスだと思うのです。

 

 

ブラックリストに登録されれば一生消えないというわけではありません。全銀協の10年は長いですが、CIC・JICCは5年間で記録は消えます。5年ぐらいは自分の収入の範囲内でクレジットカード無しの生活を送ってみましょう。

 

 

分割払いもできなくなるので、急に家電が故障してしまった時などは困ることになるかもしれません。でも、まだ起きてもいないことを心配ばかりするよりも、債務整理をして生活を立て直す方が将来的には明るい未来が待っています。

 

 

仕事などでどうしてもクレジットカードが必要な場合は、決済と同時に自分の預金口座から引き落とされるデビットカードもあります。

 

 

また、クレジット会社や貸金業者は個人信用機関のデータを参考に、独自の審査基準を設けています。例えば「過去には事故情報があるけど現在は収入も安定しているからカードを発行しよう」という会社もあるようです。

 

 

ブラックリストに登録されたからといって、借金ができない以外のペナルティーは何もありません。苦しい生活を無理して続けた上に支払いができなくなれば、結局ブラックリストに登録されます。

 

 

このままズルズルと債務整理をしないデメリットのほうがずっと大きいはずですよ。早めに弁護士さんに相談してみましょうね。

関連ページ

債務整理の手順 まず最初にすることは?
債務整理の第一歩は正確な借金の総額の把握から。借金総額はあなたが考えているよりもはるかに少ないこともあるんです!もしかしたら過払い金が発生しているかも?また、債務整理を弁護士・司法書士に依頼するメリットについてもお話しています。
引き直し計算とは?グレーゾーン金利のからくり
債務整理の手始めは利息の引き直し計算をして借金の額を正確に把握することです。利息の引き直し計算とは一体どういうことなのでしょうか?また、なぜ引き直し計算をする必要があるのか、グレーゾーン金利や改正貸金業法についても解説しています。
債務整理は弁護士と司法書士のどちらがいいの?
債務整理の相談は弁護士と司法書士のどちらにするべきか迷っているという方へ!弁護士と司法書士の違いや実際にどちらに依頼するほうがいいのか、債務整理経験者の立場からお伝えしています。
貸金業法〜3つの改正点と債務整理に関する法律
債務整理にはいろいろな法律が関係しています。その中でも貸金業法は関連の深い法律です。平成22年(2010年)に改正された、改正貸業法の3つの改正ポイントについてまとめました。
おまとめローンの落とし穴〜おまとめローンより債務整理を!
おまとめローンから自己破産に至ってしまった管理人の経験を基に、おまとめローンとはどういったローンなのか、おまとめローンのメリット、デメリットなどについて書いています。おまとめローンか債務整理、どちらにしようかと悩んでいる方に読んでいただきたい記事です。
債務整理をしたら携帯電話やスマホは使えなくなるの?
債務整理をしたら今使っている携帯電話やスマートフォンはどうなるのでしょう?
いくらあるのかわからない!借金の総額を調べる方法
借金の返済のためにまた別のところで借金…そんな自転車操業で多重債務に陥ってしまって、気が付くと一体どこにどれだけの借金があるのかわからない(泣)!そんな状態でも大丈夫です。このページでは借金の総額を調べる方法について書いています。
借金にも時効があるの?消滅時効の援用とは
借金の時効と時効の援用について調べました。
借金は夜逃げで帳消しになるの?
夜逃げしたら借金は返さなくてもよくなるのでしょうか?でも逃げ続けるのってなかなか大変そうですよね。夜逃げのメリット、デメリットについて調べてみて、夜逃げは本当に得なのか考えてみました。
借金が返せない!(泣)放置していたらどうなるの?
借金生活をしていると、「返済がなければもう少し生活が楽になるのに…」なんて考えたこともあると思います。でも、借金を返さずに放置したらどうなるのでしょう?
借金滞納で法的措置!具体的にはどういうこと?
借金の滞納や未払いで、「法的措置」とか「法的手続き」という言葉を目にしたり耳にしたりすることがありますよね。このちょっとドキッとする「法的措置」「法的手続き」って具体的にはどういうことなのか調べてみました。
借金取り立てのルールと違法な取り立てへの対処法
借金の取り立てにもルールがあります。どのようなルールがあるのか?また、最近は少なくなっていますが、もし違法な取り立てにあったらどうしたらいいのでしょう?借金取りたてのルールと違法な取り立てへの対処法について調べてみました。
携帯料金の滞納は意外と怖い?弁護士介入や裁判になることも
携帯電話やスマホの料金を未払いのまま放置していると、弁護士事務所から連絡が来たり裁判所から通知が来ることもあるそうですよ〜
裁判所からの郵便物を受け取らないで受取拒否するとどうなるの?
裁判所からの郵便物なんて、できることなら受け取りたくないですよね。受け取りを拒絶することはできるのでしょうか?受け取らないで受取拒否をするとどうなるのでしょう?
借金で裁判所から訴状が届いた!答弁書の書き方は?
借金の未払いで訴えられたら、裁判所から訴状が届きます。まずは答弁書を記入して提出しないといけません。この記事では答弁書の書き方について書いています。
借金で裁判所から呼び出し状が!無視したらどうなるの?
借金が返せなくて訴えられたとき、裁判所からの呼び出しを無視して欠席するとどうなるのでしょう?
借金で訴えられた!裁判所が遠い時は変更してもらえる?
借金で訴えられたけど、自宅からすごく遠い裁判所に呼び出されたら、行きたくても行けないですよね。そんなときには裁判所を自宅の近くに変更してもらえるのでしょうか?
自動車ローンの滞納〜車引き上げは何ヶ月目?
自動車ローンを滞納すると、ローン会社に車を引き上げられてしまう場合があります。何ヶ月滞納すると車は引き上げられるのか?また、車の引き上げ以外にどういった不都合があるのでしょうか?